借地と所有地の二種類ある太陽光発電

太陽光発電には二種類ある

太陽光発電によって発電した電力を売却することにより利益を上げる投資を行おうという人もいるでしょう。
実は太陽光発電には、二種類存在しています。
それは、借地を使って発電を行うか、あるいは所有権を獲得した土地で発電を行うかという点です。
これらを比較してみると、それぞれに一長一短のメリットデメリットが存在することが分かります。
双方の違いをしっかりと理解したうえで、自分の投資スタイルに見合うほうを選択してみてください。
借地と所有地はどういった部分で違いがあるのでしょうか。
基本的に立地条件が同じであれば、発電量に関しては違いがなく、売電価格に関しても違いがありません。
何が違うのかというと、その土地を維持するのにかかるランニングコストなのです。
一般的に借地では賃借料がかかり、所有地であれば固定資産税がかかります。
この両者を比較することによって、どちらがコストパフォーマンスがいいのか、が分かるのです。
一般的に賃借料よりも固定資産税のほうが安いという傾向があります。
ですから、期間を定めて考えれば、借地よりも所有地のほうが安く済むということができるでしょう。

借地と所有地、それぞれのメリットとは

上でも書いたように、借地と所有地はかかるランニングコストが違います。
しかしそれ以外にも違いがあります。
まず借地であれば、はじめに必要になる費用が比較的安いので、太陽光発電に乗り出しやすいというメリットがあるでしょう。
もし何らかの事態が発生したとしても、撤退しやすいというのは大きな魅力でもあります。
当然毎月ある程度大きな金額を支払う必要もありますし、所有者が別にいるということで、何かのデメリットを感じるかもしれませんが、やはりメリットの方が大きいと考えられるでしょう。
対して所有地にて太陽光発電を行うのであれば、自分の思い通りに進めることができます。
新しく太陽光発電のために土地を買うのであれば多少のリスクはありますが、元々所有している場合だと、リスクもかなり少なくなるでしょう。
太陽光発電を行うためにはソーラーパネルなどが必要ですが、土地代を抑えられるのは非常に大きなメリットです。
このように、それぞれ一長一短の特徴があります。
すでに多くの投資家が参入しており、数々のケーススタディが存在する分野です。
先人の例を研究することも大事ですし、シミュレーションを行うことも重要でしょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.