太陽光発電の寿命・メンテナンス・修理

太陽光発電システムにもメンテナンスは必要?

太陽光発電のパネルは技術の進歩により、その耐用年数はますます向上しており、今ではなんと20年ももつようになったといわれています。
だからといって、全くメンテナンスをしなくてもよいわけではありません。
定期的にはメンテナンスを行い、もし破損をしている個所などがあった場合には、必要に応じて修理をすることも必要でしょう。
これによって、太陽光発電パネルやその周辺のシステムの寿命をさらに延ばすことができるのです。
では、どういった部分に気を付けてメンテナンスをすればいいのでしょうか。
太陽光パネルは機構も比較的単純なため、寿命が長く、なかなか壊れないという特徴があります。
しかし、パワーコンディショナーなどの精密部分に関しては、水分や湿気、その他の衝撃によって壊れることがあり、こうした部分はパネルよりも先に破損が発生する可能性もあるので、やはり定期的なメンテナンスは必要になってしまうのです。

太陽光発電システムのメンテナンスの費用とスパン

では、どのくらいのスパンでメンテナンスを実施すればよいのでしょうか。
寿命を長く保つためには、定期的に4年に1度はパネルのメンテナンスを行い、10年に一度はパワーコンディショナーの交換などを行ったほうが良いとされています。
もちろん、メンテナンスにも費用はかかるのですが、このメンテナンスをしっかり行わないと、パネルの性能が落ち、発電量が低下することにもつながってしまいます。
ですから、メンテナンスの費用を出し惜しみすることなく、きちんと対応するようにしましょう。
ちなみに費用は、住宅用のパネルでは4年に1度のパネルメンテナンスで1万円から2万円ほどです。
そしてパワーコンディショナーの交換は10万円ほどなります。
せっかくの太陽光発電システムを高寿命で運用するために、きちんとしたメンテナンスと、もしなにか不具合があったときの素早い修理を心がけるようにしましょう。
寿命年数はユーザーの使い方にかかっています。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.