新築する時に太陽光発電を設置すると良い理由

新築時に太陽光発電を設置したい

太陽光発電の認知度はかなり高くて、詳細についてあまり知らない人であったとしても、住宅の屋根に設置されているパネルを見たことがあるはずです。
かなり身近な存在になってきた太陽光発電ですが、自宅を新築する際に設置するというケースが非常に多いです。
その理由はいくつも挙げられますが、まずは「ついでに設置工事ができるから」というものです。
ソーラーパネルの取り付けを行う場合には、業者に依頼をすることになりますが、「どうせ作業をするのであれば、新築住宅を建築する際に同時に設置した方が良い…」と思うでしょう。
別のタイミングで依頼をすると、見積もりや打ち合わせなどが面倒ですし、住宅が完成してから設置をしてもらうと、その期間安住しづらいという意見もあります。
また、「売電ができるからいち早く設置をしたい」ということで、新築する時にすぐさま設置を行うこともあるでしょう。
売電収入を期待する場合、どうしても早く設置をした方が利益を上げやすくなるので、新築時に設置した方が良いと考えるのです。

新築した際に太陽光発電を設置すると良い最大の理由について

家を建て替えた時などに太陽光発電を設置すべき最大の理由は、地震などが発生して電力供給が止まった際に、自家発電が行える点にあるでしょう。
自宅での避難生活が行える状況でしたら、自宅で電気が作れるというのは大きなアドバンテージになること間違いありません。
日本は地震大国ですし、大きな地震も頻発していますから、新築をした際にも是非とも設置すべきでしょう。
もちろん既存の住宅に設置を行うのも良いことですが、わざわざ面倒だ…と思われるケースもあります。
しかし新築時だと「ついで」になるので、あまり労力をかけずに太陽光発電を導入できるのではないでしょうか。
また新築時に設置をすることで、パネルに合う屋根のデザインを検討もすることが可能です。
これからも注目され続ける技術ですし、太陽光発電我々にとってなくてはならない存在でしょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.