電力自由化時代、太陽光発電の売電で節約を

太陽光発電は売電してこそ意味がある

最近、電気代節約のために、自宅の屋根に太陽光発電システムを導入している家は増えてきています。
毎日の電気を自給自足できるようになれば、毎月の電気代は大幅に少なくなることでしょう。
しかし、本当に太陽光発電のメリットを享受したいのであれば、自家消費だけではなく売電についても考える必要があります。
近年の太陽光発電は技術の進歩が目覚ましく、設置してから1、2年で投資費用を回収できる見込みのものもあるので、賢く利用しましょう。
そうしたシステムを導入し、売電を積極的に行うことによって、単なる毎月の電気代の節約ではなく、投資としての売電事業を行えるようにもなるのです。
また、政府は再生可能エネルギーの普及促進のため、太陽光発電によって作られた電気は10年間保証で買い取りをする制度を構築しています。(※10kW未満は10年ですが、10kW以上は20年間保証です。)
10年あれば投資コストをペイできるだけではなく、毎月チャリンチャリンと定期収入が入ってくることにもなるでしょう。
今こそ、太陽光発電を利用した売電に取り組んでみてはいかがでしょうか。

電力自由化と売電事業について

また、最近では「電力自由化」という言葉もよく言われるようになっています。
これは、売電ではなく、電力を買う先の自由化ということを意味していますが、実は売電に対しても影響がある政策なのです。
この電力自由化によって、多くの新電力企業が売電事業にも参入することになります。
そうした新電力企業はシェア拡大、または市場での認知向上のために、プレミア付きで電力を買い取ることが想定されます。
つまり、東京電力など従来の一般電力事業者よりも、高い金額で買い取ってくれる見込みがでてくる、というわけです。
ですから、そうした企業への売電を行うことこそ、電力自由化の時代にあって、最もコスト削減・節約であり、投資効果も高いということができるでしょう。
潤いある家計状態にするためにも、太陽光発電システムを導入することを、おすすめします。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.