太陽光発電の単結晶のメリット・デメリット

太陽光投資における太陽電池モジュールの単結晶とは

太陽光発電を設置したい人へ 太陽光投資における太陽電池モジュールの単結晶とは何を指すのでしょうか?
太陽光投資を行う場合、太陽光発電を行う太陽光パネルを設置することになりますが、色々なメーカーから出ていますし、メーカーによって製品も少しずつ異なります。
一番大きな違いとは太陽電池の主要素材となる半導体です。
半導体にどのようなものを利用しているかで、その機能や特徴に違いが生じてくるのです。
太陽電池の半導体として主流となっているのがシリコン素材ですが、そのシリコン素材には単結晶と多結晶とがあります。
太陽電池モジュールには単結晶と多結晶とがあり、単結晶は歴史が古いです。
いずれも純度の高いシリコン結晶が使用されていますが、シリコンを溶かして固め方によって単結晶かどうかが決まります。
単結晶とは珪石と呼ばれる原材料から金属シリコンを溶かし、円柱状に引き延ばしながら製造されます。

単結晶シリコン型のメリット・デメリットとは

設置業者選び方のおすすめポイント 単結晶シリコン型のメリットは、歴史が古いという点があげられます。
昔からありかなり長く研究開発されてきただけあって、耐用年数が長く安定して発電できるというメリットがあります。
また故障が少ないメリットもあります。
故障が少ないと修繕費のコストを抑えることにもつながりますし、太陽光投資をする際に利用することで、長く安定した発電量を得ることが出来るのです。
単結晶シリコン型は多結晶のものと比べると変換効率が高いメリットもあります。
そのため、限られたスペースに太陽光投資をしなければならない人にとってはいかに変換効率を高くすることがカギとなってくるでしょう。
故障が少なく耐久性が高く機能が良く発電効率も良いので高額になってしまいますから、海外の安いものに目が行きがちですが、やはり海外の安価なものは日本製のもとの比べると性能がかなり落ちてしまうのです。
目先の価格にだけにとらわれずに長い目で見ることが必要です。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.