太陽光発電の多結晶のメリット・デメリット

太陽光投資における多結晶とは

太陽光投資における多結晶とは 太陽光投資をする場合、太陽光発電システムが必要になってきますが、色々なメーカーからいろいろなものが出ています。
ここでは、太陽光投資における太陽電池モジュールの中にある多結晶について説明します。
多結晶とは、多結晶シリコン太陽電池のことを指します。
単結晶シリコンと多結晶シリコンとがありますが、多結晶とは製造コストを抑えることを目的に作られた商品となっています。
なぜ製造コストを下げることが出来たかというと、太陽電池をつくる過程で不良となったシリコンなどを再利用して作られたのが多結晶なのです。
そのため、安価で大量に生産することが出来る商品となっています。

多結晶のメリットデメリットとは

設置業者選び方のおすすめポイント 多結晶のメリットと言えば圧倒的にコストが安価という点でしょう。
シリコンを再利用して作られた商品なので大量に作ることが出来、しかも安価です。
費用を抑えたい人からすれば多結晶はメリットの大きいうれしい商品と言えます。
しかし安価であるということは単結晶と比較するとかなり機能面で劣ってしまいます。
発電量を比較すると単結晶の機能からはかなり発電量が劣ってしまいます。
しかも、見た目もあまりきれいではなく、一見するとヒビが張っているように見えてしまうので、見た目的にも劣ってしまうというデメリットがあります。
太陽光投資をする際に限られたスペースの中で発電をしなければならない場合、少しでも多くに発電量を得たいと思うので、単結晶の方が適しているかも知れません。
しかし、スペースが広くあり、とにかく価格を抑えたいと思うのであれば、単結晶を利用した方がいいでしょう。
置く場所や屋根の形状など、実績と経験が豊富な業者さんに相談をすることで一番適切なシステムがどれであるかを提案してくれます。
自分が一番重視したいものはなんであるかをしっかりと確認をしておきましょう。
発電量なのか、価格なのか、選び基準をしっかりと伝えてから太陽光投資に必要なシステムを選ぶといいでしょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.