切妻屋根の場合の太陽電池モジュール

切妻屋根とは

切妻屋根とは 切妻屋根とは、日本の住宅の屋根においては代表的な屋根の形状の一つです。
家の絵をかいてと言われたときに多くの人が書く屋根の形状で、いわゆる三角形の山形をした屋根の形が切妻屋根です。
屋根の最頂部の棟から地上に向かって二つの面が本を伏せたような形になっていますし、よく日本の住宅で昔から目にする屋根の形状です。
2面だけで構成されている形になり、シンプルな形の屋根なので、太陽光投資をする際に太陽電池モジュールを設置する際にも設置しやすいメリットがあります。
太陽光投資をする際に太陽電池モジュールを無駄なく設置できるメリットのある屋根の形状が切妻屋根と言えるでしょう。
切妻屋根は屋根の面積が広いので、発電面積が大きな太陽電池モジュールを設置すると効率よく発電をすることが出来るでしょう。
発電面積の大きな太陽電池モジュールを希望するのであれば業者に自分の希望を伝えることでおすすめを提案して紹介してくれます。
家の大きさや屋根の大きさや方角など、太陽光投資をしたくても太陽光発電に向かない家もあるのです。
実績のある業者であればどの製品が発電効率が良いのかなど色々な情報を持っているので、信頼して任せることが出来るでしょう。

切妻屋根の適する方角は

切妻屋根の適する方角は 切妻屋根はどの方角を向いていても発電量を確保することが出来るのでしょうか?
太陽は南にありますので、やはり屋根が南側を向いていると発電量を確保しやすくなりメリットが大きくなります。
どちらか一面が南側を向いている方角が理想的と言えます。
屋根が東西の方角を向いている場合には、太陽光投資をしたくて、太陽電池モジュールを設置したとしてもそれほど大きな発電量やメリットを得ることが出来ず、効率よく発電を得ることは出来ません。
やはり一番発電のメリットが高いのは片面が南側を向いている屋根ですから、南向きと比べてしまうと東西などほかの方角はあまり太陽光投資には適さない方角と言えます。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.