寄棟屋根の場合の太陽電池モジュール

寄棟屋根について

寄棟屋根について 太陽光投資をする場合、太陽電池モジュールをセットする屋根の形状が非常に重要になってきます。
屋根に邪魔なスペースがなく、広ければ太陽光投資において十分な大きさの太陽電池モジュールを設置することが出来るので、効率の良い発電をすることが出来るのです。
屋根の形状で寄棟屋根というものがあります。
寄棟屋根は屋根が三角形や台形で構成されている形をしています。
屋根の面が4つあるので、4方角に面が向いているのです。
すべての方角に屋根の面がありますが、すべての面が同一の形をしているのではなく、台形が2面、三角形が2面で構成されています。
周囲を家などで囲まれていても屋根が東西南北の全方角に対して傾斜があるので、日照を確保しやすい状態になっています。
日本の住宅事情に適している形状なので切妻屋根の次に多く見かけることが出来るでしょう。

太陽光投資で寄棟屋根に太陽電池モジュールを設置するメリットについて

太陽光投資で寄棟屋根に太陽電池モジュールを設置するメリットについて 太陽光投資において寄棟屋根に太陽電池モジュールを設置する場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。
屋根が4方角すべてにあるので発電効率の良いとされる南側にも屋根が向くことが出来ます。
この屋根の形状に場合必ず南側の方角にも屋根があることが大きなメリットと言えるでしょう。
ただしメリットばかりではありません。一つ一つの屋根のスペースが狭くなってしまうデメリットもあるのです。
そのため、太陽光投資で大きな太陽電池モジュールを設置することは難しいでしょう。
狭いスペースでも発電効率の良い太陽電池モジュールを設置すれば発電量をきちんと確保することが出来ます。
寄棟屋根の場合には一面のスペースが小さいので、一面だけでなく2面に太陽電池モジュールを設置するケースが多いです。
しかし最近では寄棟屋根にも起きやすい太陽電池モジュールが開発されています。
このようなものを利用すれば、無駄なスペースを作ることなく設置することが出来ますから発電力のアップにもつながるでしょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.