陸屋根の場合の太陽電池モジュール

陸屋根とは

陸屋根とは 陸屋根とは文字の通り陸のように勾配がない屋根の形状です。
屋上部分がほぼ平面状になっている屋根です。
マンションやビルなどの屋上部分はたいてい陸屋根になっているでしょう。
しかし最近は一般の住宅でもこのようなフラットな屋根になっている家を見ることが出来ます。
狭いスペースを利用するために、屋根部分を活用して太陽光投資を行ったり、家庭菜園を行ったりしているのです。
屋上スペースが広いためにテラスのようにしてバーベキューを楽しむことも可能ですし、第二の庭や簡易的な部屋として利用するスペースを作ることもできるのです。
アイデア次第で使い方が無限に広がるのがこの屋根の特徴と言えるでしょう。

太陽光投資における陸屋根のメリットについて

太陽光投資における陸屋根のメリットについて 陸屋根にはいろいろなメリットがあります。
陸屋根にしていると勾配もなく平らですから屋根の再利用が可能です。
太陽光投資をする際に太陽電池モジュールを置くスペースも十分にあります。
太陽モジュールを置く場合には発電効率をよくするために南側の方角の屋根に置くことが重要ですが、この屋根の場合には勾配がなく平らなので、家が南側の方角を向いていようがいまいが関係ありません。
太陽電池モジュールを設置するときに南側の方角に向ければいいので、建物や屋根の方角は太陽電池モジュールに無関係です。
建物の周囲に太陽光投資を邪魔するものがない限り、自由に設置する場所や方角を決めることが出来るので、発電効率を高めやすいメリットがあります。
陸屋根はスペースが十分にあるのでスペースを気にせず大きな太陽電池モジュールを置くことが出来ますから、多くの発電量を得られるメリットもあるでしょう。
しかも陸屋根に太陽電池モジュールを置いている場合、足場を設置するなどの準備もいりませんし、点検時にも簡単に行えるメリットがあります。
万が一落ち葉などが落ちてもすぐに取り除くことが出来るので、発電効率が下がることもありません。
陸屋根は太陽光投資に適している屋根の形状をしているので、最近は陸屋根にする一般向け住宅も増えてきています。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.