太陽光投資での改正FIT法でオーナーに発生する義務

太陽光投資に関する改正FIT法について

太陽光投資に関する改正FIT法について 固定価格買取制度について定めている法律といえばFIT法でしたが、これが改正されることになり、2017年4月1日より改正FIT法が適用されることになりました。
元々のFIT法がこれまでは適用されていましたが、太陽光投資、太陽光発電を取り巻く現状が変わったこともあり、改正されるに至りました。
この改正は太陽光投資を行なっている人にとって大きな影響を与える存在で、太陽光発電設備を設けているオーナーが行うべき義務がいくつか発生することになりました。
まずは標識を掲示しなくてはならないという点で、この標識には区分や名称、所在地などを記載することになります。
標識の大きさや素材も指定されており、屋根に設置して太陽光発電を行う場合以外は標識の掲示が義務付けられます。
改正FIT法が施行された後に着工する場合は、着工した際に標識を掲示し、以前のFIT法の時から太陽光投資を行っている場合は、多少の猶予は認められますが期限もあり、標識の掲示が必要です。

改正FIT法によって太陽光発電オーナーに義務付けられることについて

改正FIT法によって太陽光発電オーナーに義務付けられることについて 改正FIT法では以前よりもメンテナンスに関するルールが厳密になり、事業計画認定申請をする際にメンテナンスに関する計画書も必要になってきます。
もちろん継続的にメンテナンスを行う必要があり、具体的な内容や頻度に関しても定めなくてはいけません。
そして改正FIT法によって太陽光投資オーナーに発生する義務はもう一つあり、それは外部から侵入できないようなフェンスや柵を設けるということです。
太陽光発電を行うということは、当然電気が発生することになり危険を伴ううえに、何らかの影響で電力が作れなくなると、様々な所に影響が及びます。
それを防ぐ意味でもフェンスや柵の設置が義務付けられました。
もちろん一般人が侵入できない場所で太陽光投資を行う場合は例外となりますが、念のため確認することをおすすめします。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.