太陽光投資での改正FIT法の新しい認定制度

太陽光投資に関する改正FIT法の認定制度について

太陽光投資に関する改正FIT法の認定制度について 太陽光投資を行う場合、認定を受けることになりますが、その際に用いられる認定制度に関するルールが、改正FIT法の施行によって変わることになります。
太陽光発電を行いたいと考えている人にとっては、認定制度のあり方の変更は非常に大きな出来事となります。
従来のFIT法においては設備認定という方法が用いられていましたが、改正FIT法の施行によって事業計画に基づいた認定に移行します。
注意点として挙げられるのは、改正FIT法が施行される前に認定を受けていたとしても、事業計画を提出する必要が出てくるということでしょう。
これまでは太陽光投資における認定に疑問を抱いていた人もいるかもしれませんが、改正FIT法の施行によってより基準が明示されました。
これまで以上に太陽光投資を始める際の事業計画を重要視する必要が出てきました。
そして改正FIT法によって、電力の買い取り価格の決定のタイミングも変更となります。
改正FIT法施行以後は、今までよりも買取価格の決定が早くなります。

改正FIT法の施行によって変わった認定制度について

改正FIT法の施行によって変わった認定制度について 太陽光投資が珍しくない世の中になったこともあり、太陽光発電をめぐる様々な問題が表面化してきました。
認定の方法も変われば、認定基準も根本的に変更になるので、ある意味ではこれまでのルールが通じないケースも多々出てくるかもしれません。
しかしこれは悪いことではなく、FIT法が抱えていた問題を解決するための手段なので、より良い太陽光投資環境が整うと言えるかもしれません。
自宅で発電した電力を自宅で使用し、その余剰電力を売電するという方程式が、太陽光発電の根本を支えているのですが、認定制度に関するルールが変わると関連する様々な部分にまで影響を及ぼすことになります。
FIT法は太陽光投資に関わる人が把握しておくべき法律ですが、それが改正されて認定制度が新しくなったので、変更点についてしっかりと把握しておきましょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.