太陽光投資での旧FIT法の趣旨と改正FITの目的

太陽光投資のFIT法の趣旨について

太陽光投資のFIT法の趣旨について 太陽光投資を行ううえで要注目であった旧FIT法は、再生可能エネルギーの普及を目的に作られました。
再生可能エネルギーの中で最も将来性があり、多くの人が参入しやすい発電方法が太陽光発電ですが、旧FIT法が誕生した頃は太陽光投資に臨む人も専門家も今以上に未熟でした。
そんな状態であった太陽光投資の状況が、今ではかなり様変わりし、旧FIT法では対応できない状況になってしまいました。
その当時は完成度の高い法律だと思われていたFIT法も、時を経るに従って改善の余地が多々見られ始め、結果的に2017年4月1日から改正FIT法が施行されることになりました。
しかし旧FIT法の趣旨でもあった太陽光発電(太陽光投資)や再生可能エネルギーの普及促進は、今でも当然のことながら重要視されています。
これは、改正FIT法を見るとそれが理解できるでしょう。
根本的な部分では趣旨や目的は変わっていませんが、旧FIT法の問題点を解決することができるといった点が、改正FIT法の特徴ではないでしょうか。

太陽光投資に関する改正FITの目的について

太陽光投資に関する改正FITの目的について 太陽光投資を行うのであれば必ず知っておくべきなのがFIT法です。
2017年4月1日から改正FIT法が始まりますが、太陽光発電を取り巻く現状は想定以上に大きく変わり、法律の改正を行わないと対応できない状況にまで発展してしまいました。
まず旧FIT法では認定に関する問題点がたくさん見られましたが、それだけではなくメンテナンスに関する問題などが山積していました。
看過できない問題もたくさん存在しており、国を挙げて健全な太陽光発電を行うためにも、改正をすることになりました。
改正の最大の目的は、より良い太陽光発電環境を作ることにあり、時代に即した考えを組み込み、また国民目線に立った太陽光投資のルールづくりがなされることになったのです。
誰もが気になっている売電価格の決め方も変更になります。
このように改正FIT法は様々な点で以前と変化しています。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.