太陽光投資での改正FIT法で必要となる手続き

太陽光投資と手続きについて

太陽光投資と手続きについて 太陽光投資を取り巻く現状は日々変化しており、FIT法が施行されたときとは全く異なる状況となっています。
改正FIT法が施行されたのはそういった問題点に対応するためで、改正されたことにより多くの変更がなされました。
以前のFIT法が適用されている間に太陽光発電を開始し、すでに売電中の場合は、新たに事業計画に関する手続きをしなくてはいけません。
既に稼働している太陽光発電(FIT法時代)に関しては、以前一定の手続きを行っているので、それほど重い手続きは不要ですが、事業計画は提出しなくてはいけないので注意が必要です。
手続きも重要ですが、それ以外に標識の掲示やメンテナンスなどの義務も生じることになるので、必要に応じて対応させなくてはいけません。
改正FIT法が施行された今、元々太陽光投資を行っていたオーナーも新しい法律の勉強をする必要があり、事業計画の手続きを行うことが求められます。

改正FIT法施行後に太陽光投資を開始するときに必要な手続きについて

改正FIT法施行後に太陽光投資を開始するときに必要な手続きについて 改正FIT法が始まって以降に太陽光投資を新たに始める場合、上記した手続き以上のことを行う必要がでてくる可能性もあります。
各々の状況によって行うべき手続き内容は異なるのですが、全ての場合において基本的に事業計画に関する手続きは不可欠となります。
事業計画の内容に基づいて認定されるかどうかが決まるので、従来の法律とは異なります。
売電単価がまだ決まっていないという場合には、接続契約の手続きも行うことになり、太陽光パネルなどの設置条件次第では、標識の掲示やフェンスや柵の設置が義務付けられます。
もちろんメンテナンスに関する義務は生じます。
そもそも太陽光発電には様々な方法があり、例えばRPS法に基づいて太陽光投資を始めている場合には、詳細をエネルギー庁に聞いて対応することになります。
改正FIT法の施行によって手続き方法や内容が大きく変わったことは知っておきましょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.