太陽光投資での改正FIT法による買取から供給までの流れ

改正FIT法によって太陽光投資が大きく変わる

改正FIT法によって太陽光投資が大きく変わる 改正FIT法が2017年4月1日から施行されましたが、これによって太陽光発電を開始する際の認定制度について、売電価格の決定方法について、そして余剰電力の買取から供給されるまでの流れも変化します。 従来のFIT法であれば、例えば自宅で太陽光発電によって作った電力の余剰分は、電力の小売業者が買取っていました。 しかしその流れが変わり、FIT法の改正によって電力の小売業者が買うのではなく、送配電を担当する業者が余剰電力を買うことになりました。 一見すると大きな変化ではないように見えますが、太陽光発電における売電から供給までの流れをチェックすると、相当大きな変化だと気づくはずです。 太陽光投資で収入を得るためには、売電に関する契約、接続契約が欠かせないので、法律の改正をはじめとしたルールの改正があると、勉強し直すことが求められます。 また必要に応じて手続きをしなくてはいけません。

改正FIT法で買取から供給の流れが変化

改正FIT法で買取から供給の流れが変化 FIT法が改正されて施行されて以降、太陽光投資を行うオーナーは送配電事業者と接続契約や買取の契約を行い、実際に売電されると送配電事業者がオーナーにその金額を支払うという流れになります。 これまでは電力を小売りする事業者と直接やり取りをしていましたが、太陽光投資で売電収入を得るためには送配電事業者を挟むことになります。 ちなみに送配電事業者は小売電気事業者に電力を売却し、そして収入を得るという流れになるでしょう。 そして小売電気事業者は電力を使用している各家庭や事業者に対して電力を供給し、その対価を得ることになります。 基本的な流れは以上ですが、太陽光投資を行っているオーナーが売電をする際の流れが多少異なるので、その点はきちんと調べて知っておくべきです。 費用負担調整機関という存在があり、電力を小売りしている事業者と送配電を担当している事業者はこの機関に直接関わりますが、太陽光発電オーナーは直接関わることはありません。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.