太陽光投資での改正FIT法でおさえるべきポイント

太陽光投資に関する改正FIT法の重要ポイントとは

太陽光投資に関する改正FIT法の重要ポイントとは 太陽光発電による投資を行うにあたって考慮しなくてはいけないのが、FIT法です。
しかしFIT法は2017年4月1日より新しく改正されたFIT法が施行されており、今後は従来の法律ではなく新しい法律に基づいて様々な手続きなどをすることになります。
この法律では多くのルールが定められていて、運転開始期限の設定もその中の一つです。
従来のFIT法が適用されていた際には、認定を取得したもののなかなか運転を開始しないという事業者も多数見られました。
しかし、改正FIT法ではそれができないように期限の制限が設けられています。
例えば10kW未満であれば認定を取得してから1年以内に運転開始をし、10kW以上であれば3年以内に運転開始をしなくてはなりません。
もしそれができない場合には、ペナルティが下されることになります。
こうすることで、以前のFIT法で度々問題視された認定だけ取得して放置するというケースが今後なくなることが期待されます。
太陽光投資を行うにあたってはこの運転開始期限が重要なポイントとなるので、十分に注意してください。

改正FIT法でおさえておきたいポイントについて

改正FIT法でおさえておきたいポイントについて 改正FIT法が施行される前に太陽光投資をしていた人であっても、その改正法施行によって事業計画の書類を提出しなくてはいけません。
FIT法が改正された後に太陽光投資に参入する人の中には、従来のFIT法を参考にしている場合もあるので要注意です。
法律改正によって設備認定から事業計画認定に変更されたので、それをしっかりと理解し準備をしたいです。
また新しく認定を受けようとしている際には、接続契約を締結していないと認定を受けることができません。
太陽光投資の際にはそのポイントもおさえておきたいです。
その他様々な部分がFIT法の改正とともに変わりました。
今回の改正はこれまでのルールが全く通用しない部分もあるので、知らなかっという方は重要なポイントを把握しておきましょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.