太陽光投資での改正FIT法によるあなたへの影響

太陽光投資に関する改正FIT法による影響について

太陽光投資に関する改正FIT法による影響について 太陽光発電を行っている事業者や個人にとって大きな影響があるFIT法。
この法律が2017年4月1日より改正され、施行されました。
改正された部分は多岐にわたっているので全て紹介することはできませんが、太陽光投資をすでに行っている人に大きな影響を与える部分もあり、それを把握しておかないと大変な目にあうかもしれません。
最も注意すべき点は、認定方法が変わったことにより事業計画の提出が義務付けられたことです。
改正前のFIT法時代に認定を受けていたとしても、改正後に事業計画を提出しなくてはいけません。
またメンテナンスやフェンスの設置、標識の掲示といった義務も生まれ、どの義務が自分に該当するのかを把握し、きちんと対応しなくてはいけません。
知らなかったということで済む問題ではないので、太陽光投資に関する改正FIT法には注目しておくべきです。
通常はこういった法律が改正された場合、すでに認定を受けている人はあまり関係がないというケースもありますが、改正FIT法の場合には大きな影響を受けることになります。

改正FIT法により太陽光投資を始める人が受ける影響

改正FIT法により太陽光投資を始める人が受ける影響 上記したようにこの法律が改正されることによって、すでに太陽光投資を始めている人にも大きな影響があることがわかりました。
つまり、改正後に太陽光投資を始める人は、改正FIT法の影響をより受けることになります。
認定される前には接続契約を必ず行う必要性が出てきたので、根本的な認定のあり方が変わりました。
設備認定ではなく、事業計画に基づいた認定となるのは大きな影響といえるうえに、場合によってはこれまで準備していた計画を練り直すことになりかねません。
太陽光投資に関するFIT法が改正されて様々な影響を受けることになりますが、そもそも改正された理由は、従来の法律に不備が多数見られ始めたからです。
面倒な影響もあるかもしれませんが、トータル的に見ると太陽光投資を行っている人にとってはプラスに働くということです。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.