太陽光投資での改正FIT法による運転開始期限とペナルティ

改正FIT法で太陽光投資が変わる

改正FIT法で太陽光投資が変わる 太陽光発電システムを導入し運転稼働させることによって、自宅や事業所にて気軽に発電が可能で、余剰電力は売電することができ多くのメリットを享受できます。
FIT法などによってルール付けがなされていましたが、そのルールの穴を突いて予想外のことを行うケースも増えてきました。
例えば、認定だけをしてもらい、その後すぐに運転稼働させることなく放置するというケースも多々見られていました。
そこで、これに業を煮やしたのか、改正FIT法ではこれは規制するルールが作られました。
太陽光投資を行うにあたって認定をしてもらう必要がありますが、FIT法の改正後は、10kW分については認定後1年以内に運転を開始しなくてはいけません。
それに対して10kW以上の分については3年の期間が与えられますが、これまでとは異なって明確な期間が定められるにいたりました。
このようなルールが設けられるほど、認定から運転開始までの期間が長いケースが多発していたのでしょう。

改正FIT法による運転開始期限に関するペナルティについて

改正FIT法による運転開始期限に関するペナルティについて 上記したように認定されてから運転開始までの期間が明確な基準として設定され、それを守る必要が出ました。
しかしこのルールを守れないケースもあることを見越して、ペナルティがすでに用意されています。
10kW未満の場合は、1年経過した時点で認定の効力が失われてしまうので要注意です。
それに対して10kW以上であれば、10kW未満ほど厳しくはありませんが、売電時の価格を下げるか、買い取り期間を短くするというペナルティになっています。
一見すると厳しく感じるかもしれませんが、きちんと準備をして運転開始に向けて動いていると全く問題ない期間設定です。
このようなペナルティのおかげで太陽光投資業界がさらにより良い存在となるうえに、ルール通り正しく運用している人が恩恵を受けられるようになります。
太陽光発電の未稼働状態を防ぐためにも、この方法は最適ではないでしょうか。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.