太陽光投資における太陽光発電での標識掲示の義務

太陽光投資を行う際にはルールを遵守したい

太陽光投資を行う際にはルールを遵守したい 太陽光発電ブームが数年前に起こり、それ以降太陽光投資を行おうとする人は非常に多くなっています。
元々FIT法などでルール設定がなされていましたが、年を追うごとに様々な問題点が噴出し、その結果2017年4月1日から改正FIT法が施行されることになりました。
改正されたFIT法ではオーナーが負うべき義務が作られ、標識の掲示など全部で3種類あります。
まずはフェンスを設置するというものですが、屋根の上に太陽光パネルなどを設置する方式であればこの義務は負わなくて済みます。
中に第三者が入らないようにする目的があり、フェンスの設置期限も設けられています。
そしてメンテナンスも標識掲示などと同様不可欠な義務となっており、これは強制的に決められていますが、本来行って当たり前のことです。
これらの他に標識掲示の義務があるわけですが、いずれも太陽光投資を行うのであれば把握しておかなくてはいけません。

太陽光投資と標識掲示の義務について

太陽光投資と標識掲示の義務について 標識掲示の義務というのは、20kW以上の太陽光発電設備を備えている際に発生しますが、20kW未満であっても標識の掲示をすることが推奨されています。
縦は25センチ、横が35センチ以上と定められていて、誰もが見やすいサイズの標識にすべきでしょう。
記載項目はたくさんありますが、例えば電話番号も記さなくてはいけません。
また氏名を記載することになりますが、個人であったとしてもフルネームの記載が義務付けられており、法人の場合は法人名の記載となります。
標識に記載する項目を大きく分けると3つに分類できます。
それは、「発電設備に関する情報」「所有者に関する情報」「保守メンテナンスを行う責任者の情報」の3つです。
具体的に標識を掲示する場所は決まっていませんが、外から見えやすい位置に掲示することが最低条件となっています。
太陽光投資における義務は標識掲示を含め3つありますが、規模などによって負う義務内容は異なるので注意してください。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.