低リスクな太陽光投資は年金の代わりになる?

太陽光投資が新しい

太陽光投資が新しい 電力が自由化となり、従来の地域の電力会社ではない会社が、自由に電力を売ることができるようになりました。
それに伴い、太陽光発電を取り入れている家庭が増えてきています。
太陽光は、発電時に二酸化炭素を発生しないクリーンエネルギーなので、環境への配慮が必要となってくるこれからの時代に最適な電力だといえます。
太陽光で発電した電力は自宅で使用できるほか、余った電気は売電できるという点も太陽光発電の人気の理由です。
そして今、この売電できるというメリットを生かした投資スタイルにも注目が集まっています。
一個人が電力の事業者となり、売電により収益を得るという太陽光投資です。
この場合の太陽光発電は一般住宅のものとは異なり、多くの場合は空き地などの広範囲にパネルを設置します。
太陽光パネルを設置するという初期費用はかかりますが、使用していない土地を有効に活用することができるという点が魅力です。

老後も安心できる低リスク投資

老後も安心できる低リスク投資 投資というと、リスクが高いイメージがあり、不安に思う人も少なくないでしょう。
しかし、太陽光投資には安心できる理由があります。
エネルギー自給率を向上させることや、二酸化炭素の排出量を低減することなどの目的で、再生可能エネルギー発電の特別措置法が制定され、電力会社は一定の期間、一定の価格で再生可能エネルギー発電の電力を買い取ることが法律で義務付けられたのです。
投資目的の場合の期間は20年間、発電した電力を買い取ってもらえる保証があります。
つまり20年間は安定した収入が見込めるというわけです。
太陽光発電には初期費用が掛かるという心配もありますが、実は太陽光パネルの設置には融資が受けられます。
元手が用意できない場合も、投資ができるという点もメリットとして挙げられます。
このような理由から、老後の備えとして年金以外の副収入を見込んで、太陽光電力の投資を考える方も増えています。
今後、年金はさらに受給額が下がり、開始時期も繰り下がっていくことが考えられますから、毎月、安定して収入を得ることができるという点は大きな魅力です。
マンションなどの不動産への投資と比べてもリスクが低いため、高齢の方でも安心して運用できます。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.