不動産投資ではなく太陽光投資を行うメリット

投資の種類とリスク

投資の種類とリスク 投資で思いつくものとして挙げられるのが、不動産投資や株式投資ですが、近年では太陽光投資が増えています。
不動産投資は主に、投資を目的とした不動産を購入後、運用を行います。
アパートを所有して、入居者を募集し、家賃を得る事で利益を生み出します。
また、他にも中古物件を運用する事で、利益を得る事ができますが、リスクが伴い、ローンで購入した場合にはローンを支払いながら、運用していく必要があります。
建物ですので、老朽化に伴い、家賃が下落する可能性も考えられるため、老朽化を防ぐために日々のメンテナンスも重要になってきます。
不動産投資ではローンを完済した後でも、収益が得られるようにすることが大切になり、空室を回避する対策も考えていかなければなりません。
太陽光投資では、売電により収益を得るので、一定の土地や設備購入の初期費用と共に、故障や災害での被害による影響が考えられます。

太陽光投資のメリット

太陽光投資のメリット 太陽光投資の場合には都心部よりも、田舎の場合の方が収益を得る可能性が大きくなります。
太陽光発電の主な投資は初期コストなので、土地を購入して、太陽光発電を設置する際、できるだけ安い土地の方が投資効率を高く見込めます。
また都心では、建築物が密集しているため、太陽を遮る建物が多いですが、田舎では、一日中、太陽光が降り注ぐ土地も少なくありません。
また自然のエネルギーを元に収入を得ているので、年間を通して、日射量の変化があったとしても、突然、日差しがなくなることは考えにくいため、収支が比較的安定するというメリットがあります。
そして、不動産投資と太陽光投資のメンテナンスの費用を比べた場合も、比較的太陽光投資の方が少なくすみます。
地方の自治体によっては、太陽光発電の補助金が受けられる場合もあります。
都道府県から補助金を受けた場合でも、市町村からも補助金を受けられる場合もあるので、確認するのもポイントです。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.