2017年に太陽光投資を行うメリット

2017年は太陽光投資のはじめ時です

2017年は太陽光投資のはじめ時です 太陽光発電は、売電契約を結んだ年から一定期間内、電力の買取価格が保証される仕組みとなっています。
住宅用で10kw未満の場合は10年間で、産業用で10kw以上の場合は20年間、買取価格すなわち売電価格が保証されます。
売電価格は設備費用が低コストになることにつれ、今後は下がっていくことが予想されますが、2017年に太陽光設備を設置すれば、以降10年もしくは20年はその年度ごとに決める固定価格で、買い取ってもらえるのです。
また、固定価格買取制度がスタートした頃には、持ち合わせていなかった設計方法などのノウハウを、各社が有するようになり、より効率の良い投資ができるようになってきています。
さらに現在は、太陽光発電設備を設置するにあたり助成制度があり、初期費用を安く抑えることができます。
しかし、国の助成制度はすでに打ち切りとなっており、各自治体の助成制度も今後いつまで続くのか分かりませんので、太陽光投資を2017年に始めるメリットは十分にあります。

売電価格は下がっても利益回収率は変わりません

売電価格は下がっても利益回収率は変わりません 太陽光投資では、太陽光発電設備に投資をし、そこで作られた電力を販売することで利益を得ていきます。
太陽光発電設備の設置費用や、メンテナンス費用が高額であること、あるいは天候により発電量が左右されることなどから、儲からない投資として敬遠されていましたが、最近は低リスクで安定した利益を見込める投資方法として注目されています。
国は太陽光などの再生可能エネルギーの安定供給を目指しており、売電価格を固定制とし、毎年見直しています。
固定価格買取制度を採用することで、発電業者が一定の利益を得つつ、消費者の負担とならない価格で電力が売買されているために低リスクでの運用が見込めます。
最近の発電設備は性能も格段に良くなり、設備自体のコストも抑えられるようになりました。
設備にかかる費用の下げ幅に応じて、売電価格も下がるように見直されていますが、その利益の回収率は数年に渡りほとんど変わっておらず、安定した運用が可能となっています。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.