スマートメーター導入で加速する太陽光発電の導入メリット

スマートメーター導入のメリット

スマートメーター導入のメリット 太陽光発電については、電力会社から委託を受けているスタッフが、月1回程度の頻度で住宅内に入り、電力量計をチェックして検針作業を行っています。
これは電力会社側にとっても相応のコストがかかる作業であるため、これを別の方法に変更できた場合は大きなコストダウンにつながります。
スマートメーターは、今までは手作業で行っていた検針作業を自動化し、使用量を手軽に確認できるシステムです。
太陽光発電システムを導入している家庭にとっては、作業員が自宅の敷地内に入ることがなくなるため、スマートメーターによる自動検針を望む声は大きいと言えます。
太陽光発電による売電や買電の記録も可能ですし、今まで以上に「見える化」が進むことによって電気の無駄遣いが減り、結果的に売電収入がアップするかもしれません。
最近はHEMS機器が備わっているスマートメーターがあり、これを活用するとパソコンやスマートフォンなどの端末で常に各種情報を確認できるようになります。
利便性が増すだけでなく、賢く活用することによって売電収入が増えるという点も、導入メリットとしては見逃せません。

メリット大のスマートメーター導入

メリット大のスマートメーター導入 太陽光発電システムを自宅に設置した場合は、電力の売買を示すメーターが設置されていたはずです。
しかしスマートメーターが備わると売買メーターは不必要になり、より電力の管理やチェックがしやすい環境を作ることになります。
太陽光発電システムを導入している住宅にとっては、スマートメーターはもはや不可欠という状況ですから、すでに導入を果たしているケースもありますし、今後の新規設置の際にはスマートメーターのみに需要が絞られていることでしょう。
ただし、太陽光発電のシステムを導入したからといって、常時すべてをまかなうのは難しいので、その場合は電力会社から電気を購入することになります。
その際にも、スマートメーターは無駄のない電力の運用において大きなメリットを発揮することになるでしょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.