太陽光投資を始める際に知っておきたいソーラーパネルの種類

ソーラーパネルの大まかな種類

ソーラーパネルの大まかな種類 個人が投資を行う場合、不動産投資や株式投資が挙げられますが、近年、太陽光投資を始める人も増加しています。
設置方法も自宅の新築を考えた際に、同時に屋根に設置したり、以前から住んでいる自宅や倉庫の屋根に、新たに設置を検討したり、所有している空き地を有効に活用できるようソーラーパネルの設置をしたりと様々です。
設置方法も異なりますが、ソーラーパネル自体も種類があるため、投資を考えている人は覚えておくと良いでしょう。
太陽光のソーラーパネルの種類は大きく分けると、シリコン系、有機物系、化合物系があります。
シリコン系は一番普及率が高くなっていますが、日々、研究開発が行われ、より軽量で太陽光を効率よく電気エネルギーに変換できる、変換効率の高いソーラーパネルも出始めています。
また有機物系、化合物系も組み合わせて開発されたハイブリッドタイプ太陽光の、ソーラーパネルも販売しているため選択肢が多いです。
太陽光投資をする場合は、各企業で開発販売されているソーラーパネルですが、発電量自体にそれほど大差がないので、ソーラーパネルの比較と併せて、初期費用やメンテナンス費用、修理代なども頭に入れておきながら、検討する事が大切でしょう。

ソーラーパネルの特徴

ソーラーパネルの特徴 ソーラーパネルの種類はシリコン系、有機系、化合物系がありますが、特徴も知っておくと、検討する際に考慮できるでしょう。
シリコン系のソーラーパネルも、結晶シリコンソーラー、単結晶シリコン、多結晶に分けられます。
単結晶シリコンでは、設置する面積が少なくても、変換効率が2割前後高い半面、多くのシリコンを使用するため、価格がやや高めと言うのが特徴です。
また、多結晶シリコンは逆に、単結晶とシリコンの使用量を比較すると、少ない分、コストは抑えられますが、変換効率が若干低くなります。
単結晶や多結晶の他にシリコン系の非結晶タイプでは、シリコンの使用を抑え、薄型のアモルファスや、ハイブリットタイプでは、アモルファスと単結晶シリコン組み合わせたソーラーパネルもあるのです。
化合物系はシリコンを使用せず、薄い膜状の半導体とする発電層で、排出する二酸化炭素や製造時の消費するエネルギーを減少できる特徴があります。
有機物系の太陽光パネルは有機物を原料にし、近年出始めている種類なので、実用化された例はまだ少ないですが、将来的な期待が持てるでしょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.