太陽光投資での改正FIT法でメンテナンスが義務とは?

事業計画として認定されること

事業計画として認定されること 太陽光投資に使う太陽光発電の設備は大がかりなものなので、これまで様々な事故やトラブルが発生しています。
メンテナンス不足で、台風や竜巻などの悪天候の日に吹き飛ばされたり、飛んでいった発電パネルが周辺の家屋に当たったりなど、問題を受け、新しいFIT法が制定されました。
また、被害者によるクレームがあると、経済産業省による調査行われ、発電事業を行っている人や、組織が基準をクリアしているかをチェックします。
適切に点検がされていない場合、整備が必要となり、確実な保守点検がされることを約束されます。
しかし、発電できる設備が整っているからといって、すぐに発電光投資ができるわけではありません。
設備費用や運営費用、発電量についての情報について提出し、もし発電の事業をやめた場合に、廃止時の設備の廃棄や、設備の取り扱い計画が適切であるかどうかも確認されます。
つまり事業計画が認定され、初めて太陽光発電をビジネスとすることができるのです。

投資家、事業主が自ら対策

投資家、事業主が自ら対策 太陽光投資を検討している場合、設備の点検や保守を、定期的に行うことが可能か、発電量が維持できるように努めることができるかを確認します。
また、定期的に費用や発電量などの報告を経済産業省に行う等、新しいFIT法に基づいた様々な対策が必要です。
悪天候による設備のトラブルに備えて、遠隔管理システムなどがあれば便利になります。
発電状況はこまめにチェックし、同時に次の年の事業計画を立てておくのも良いでしょう。
事業が円滑に、確実に実施されるかどうかもチェックされます。
しかし地域と共生する事業として、長期にわたり安定的な発電が確保できることも条件です。
電量の売買価格は政府が決めていることから、一定の発電があれば、利益を得ることができるのが太陽光投資でしょう。 発電所が電力売買に相応しくメンテナンスがされていないと、事業が進められませんが、発電所を遠くに設置する予定の人は、自分に代わり発電所の様子をチェックしてくれる人や、会社を考えるなどの対策が必要になります。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.