太陽光投資における改正FIT法で導入される入札制度って?

改正FIT法とは

改正FIT法とは 太陽光投資は様々なメリットがあるため、収入をアップさせるために投資を検討している人も多いのではないでしょうか。
2017年4月1日から、太陽光投資における改正FIT法により入札制度が導入されました。
FIT制度とは、再生可能エネルギーの固定価格買取制度のことをいいます。
現在、日本では石油や石炭、天然ガスといったエネルギーは94%海外からの輸入に頼っています。
石油や石炭といった燃料は、二酸化炭素を排出するため地球環境への影響も考えなければいけない地代になりました。
そこで、日本のエネルギー自給率の向上や地球環境にやさしいエネルギーの利用に対して、再生可能エネルギーを活用して電気を作る必要があります。
改正FIT法によって、コスト高の再生可能エネルギーの普及を加速させ、発電コストが下がることが期待されます。
2017年4月から、FIT制度が大きく変わり、改正FIT法の施行によって、従来の買取等の内容がどう変化するのか、太陽光投資に大きく関わってくるため知っておきましょう。
入札制度は、2000kw以上の太陽光発電設備を対象に導入され、全国一律に入札が実施されています。
落札した案件が認定を取得でき、落札した価格が3年分の調達価格となります。
入札制度は改正FIT法上、買取単価について入札を行うことで国民負担の軽減になるといったことや、入札対象の電源区分等を指定することが可能、入札実施指針を計画できることです。

入札の流れ

入札の流れ 入札に参加する人は、入札制度の流れについても知っておきましょう。
まず、入札に先立って再生可能エネルギー発電事業計画を提出し、参加資格の有無を審査されることになります。
誰でも入札に参加できるというわけではありません。
入札参加資格が認められた人は、安定的で効率的に電気を供給できる1kWhあたりの価格と、発電出力について札を入れます。
次に、最も安価な札を入れた人から順次、入札全体の募集容量に達するまでの人を落札者とします。
落札者のみ、認定を取得する権利が付与されることになるのです。
入札参加資格は、認定申請の際の認定要件と同様の要件を求めます。
しかし、接続契約について、締結までに一定の時間を要することを考慮し、参加要件としては認めません。
落札した場合に、認定取得までに工事費負担金契約まで締結することを求めます。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.