太陽光投資を名義変更する際に必要な手続きについて

余剰電力を売電する場合名義変更できるのか

余剰電力を売電する場合名義変更できるのか 太陽光投資を行う場合、発電した電力が余ると余剰電力が出てきますが、それは電力会社に買い取ってもらえます。
ただし家庭によっては、年間で数十万円ほどの利益が出ることもあり、そうなると税金が気になる人もいるでしょう。
さらに世帯主が、家庭の収入全てを得てしまうと、売電で儲かるほどに所得税は高くなってしまいます。
例えば、世帯主から奥さんへの名義変更が可能ならば、節税対策ができるのではと考えますが、名義変更自体は問題なく行うことができます。
また太陽光投資の為に設置した、太陽光発電システムで発電した電力を買い取ってもらうためには、固定価格買取制度という制度に則り、設置した設備が法令で定める要件に適合しているのかどうかを認定してもらう必要があります。
この場合、設備認定を受けるために、多くの申請者が申請の段階で発電事業者として名義登録を行います。
しかし、これについては後程変更が可能となっています。

手続き方法と必要書類について

手続き方法と必要書類について 手続きは多くの場合、太陽光発電システムを販売している会社に行ってもらうのですが、その際には軽微変更届出を提出することとなります。
以前までは先ず変更認定申請手続きを行い、それから経済産業局の返答を待って、電力会社との契約手続きになる流れでした。
しかし、軽微変更届出によって、その返答を待たなくても良くなり、手続きもスムーズに行えるようになったのです。
軽微変更届出を提出する際に添付する書類ですが、こちらはケースごとに若干違いがあるので、覚えておくようにして下さい。
相続の場合だと、法定相続人全員分の戸籍謄本に、印鑑証明と遺産分割協議書もしくは相続人の同意書が必要です。
法人で代表者を変更する場合には、現在事項全部証明書に印鑑証明が必要となり、身内間での変更ではない場合には、個人法人問わず、譲渡契約書もしくは譲渡証明書が必要になります。
それに加え個人間では印鑑証明書、法人間では現在事項全部証明書と印鑑証明書が譲渡人と、譲受人双方に必要になるため注意して下さい。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.