太陽光投資における「緑の贈与」とは?

自家用から投資用へ

自家用から投資用へ 自宅の屋根や庭に太陽光パネルを設置し、自家用に使用した後で、余った電気を売電する太陽光発電が増える中、敷地に大規模にパネルを設置した太陽光投資も増加の傾向があります。
住宅を贈与された時、既に別の家に住んでいる場合、空地として放っておくよりは土地の有効活用の一つにもなるため、無駄にせずに済みます。
緑の贈与という減税政策を活用し、親から譲り受けた土地に太陽光発電設備を設置し、売電価格で当面の初期費用を賄うことができます。
固定価格買い取り制度によって、売電期間が10年のものと20年のものがありますが、太陽光発電の費用によって決める人が多いようです。
季節や天候により、発電量が多少左右されるリスクや、将来的に買い取り制度を見直す考えが出ていることが不安要素としてあがっていますが、制度見直しについては小規模や自家用の場合は、殆ど影響はないでしょう。
日頃のメンテナンスとしては、主に除草作業とパネルの掃除で、遠方の場合は業者に依頼することもできます。
パネルの傷やヒビは発電効率に影響するため、発電効率が低下したら、まず破損確認をして修理を依頼しましょう。

親から子ども、孫への有意義な継承

親から子ども、孫への有意義な継承 築三十年を超え、家屋の耐久性の問題等で、建て替えの必要が出た親世代の戸建て住宅を二世帯住宅に建て替える家が増えています。
環境政策の一環で、各種補助金や減税がある中で、再生可能エネルギーや省エネ設備設置に対する減税制度があり、緑の贈与と呼ばれる減税制度は、住宅の贈与税に掛かる非課税措置の1つとして2014年にできた新しい制度です。
また、太陽光投資の設備はそれに該当します。
親から子、孫の世帯に太陽光発電を贈与した場合、一定の条件下で贈与税が非課税になる仕組みです。
さらに資産の相続と環境への貢献両方を目的とするほか、それの施工や省エネリフォームなど地域の業者や、メーカーにも経済効果を生みだそうとする狙いもあります。
また設置に関しては、都道府県や自治体から補助金を受け取ることができるのため、公開されている情報をもとに、受けられる条件を満たしているかを確認し、設備内容を検討する必要があるでしょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.