投資した太陽光の財産価値とは

太陽光発電投資

太陽光発電投資 太陽光投資とは、20年間電力会社に一定価格で太陽光発電した電力を買い取ってもらうことによって収入を得る投資のことです。
太陽光投資は資産や収益を増やすことができます。
太陽光投資のメリットは様々あり、安定した収入を得ることができ、業者に管理委託することで手間がかからない、長期の投資計画をたてることが可能、融資を利用して投資ができるなどが挙げられます。
これから太陽光投資を始めようか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
太陽光投資を成功させるには、投資した太陽光発電の財産価値を知っておくことが大切です。
太陽光投資の財産価値は、個人所得の場合と、法人所得の場合の2つに区分され、評価する必要があります。

太陽光投資の財産価値、財産評価

太陽光投資の財産価値、財産評価 産業用の場合、財産価値は一般動産として評価し、耐用年数は17年となります。
個人所得の場合では、耐用年数省令に規定する耐用年数により異なるため、注意が必要です。
課税時期における新品小売価額から償却費の合計額や減価額を差し引き計算し、償却費は200%定率法で償却します。
所得関係は、個人から太陽光設備へ投資し、直接保有し、法人所得の場合も個人所得の場合と同様に評価します。
法人税法上定額法を採用していても償却方法は、財産評価上200%定率法が適用されるのです。
また、即時償却しており、備忘価額がない場合であっても評価方法によって、計算した金額を自社株の純資産価額評価上は資産計上しなければなりません。
所得関係は、個人から株式や出資持分へ投資、そして太陽光発電設備へ投資し間接保有という形になります。
最近では、太陽光発電などの再生エネルギー投資が積極的に行われていますが、財産価値や財産評価について事前に知っておくことが大切です。
太陽光投資を検討している人は、知識を身につけておくことが投資を成功させるためのポイントになるでしょう。
太陽光投資は、再生エネルギーなので地球環境も考慮した投資なので、未来への投資とも言えます。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.