太陽光投資と雪の関係性について

寒冷地での太陽光発電システムの効果

寒冷地での太陽光発電システムの効果 次世代の投資方法や資産運用として、注目されている太陽光投資は、安定した利益が取得可能でリスクが少ない事により、導入に興味のある人が増えています。
しかし、太陽光投資で導入する太陽光発電システムですが、自然エネルギーを利用する発電方法になるため、リスクは存在するのではないかと不安に思う人もいるでしょう。
例えば日照時間が少ない地域で、思った以上に発電量が得られないのではないか、寒冷地では効果が発揮できないのではないかといったことです。
日照時間の少ない地域として心配されているのが、寒冷地である東北や北海道などの地域になります。
北海道の場合、梅雨が無い事により、夏場は安定的な発電が可能です。
北海道や東北などの寒冷地では、冬場は日照時間が少なく感じますが、専門機関が分析した年間を通しての発電量を見てみると、他の地域とさほど変わりは無く、場所によっては他の地域を上回っているデータとなっています。
背景として、北海道は梅雨が無く夏場の安定的な発電が見込める他、冬場のソーラーパネルへの影響もソーラーパネル自身の発熱による雪解けの促進や、パネルベースの傾きなどを利用し、ソーラーパネルに雪が積もらないため心配はないようです。

晴天時以外の発電量と屋根下や通行人への対策

晴天時以外の発電量と屋根下や通行人への対策 まずソーラーパネルは曇りや雨の日でも全く発電しないのかと言うと、そのような事は無く、晴天時の5分の1から20分の1の発電効率はあります。
雪によるソーラーパネルへの影響も、技術的な対策を実施する事により、問題なく稼働できるように設計されています。
しかし別の課題もあり、基本的に屋根の上に設置されているソーラーパネルになるため、降雪時の重さや屋根下への落下などには注意が必要になります。
近所への配慮や、屋根下の通行者に対しての配慮のためですが、太陽光発電を設置して、止めの機能が無くなると近隣や通行人との思わぬトラブルになりかねないため、注意が必要です。
そのような状況も、事前にしっかりと考慮した上で検討しましょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.