太陽光投資における融資先とポイント

太陽光投資の利益について

太陽光投資の利益について 様々な投資がある中、利回りが高いという理由で、太陽光投資は人気があります。
例えば、土地付きの太陽光発電を2000万円の融資を受けて始めた場合は、利回りが10%であれば売電金額をもとに計算すると、10年間で2000万円の金額が回収できます。
そして、次の10年間という期間で、さらに2000万円の収入が期待でき、かなり高利回りの投資です。
電力会社が行っている固定買取制度は、20年間で終了しますが、20年経った時には、すでに、収入まで期待できるので、20年経ってから売電金額が下がったとしても、利回りは高いと言えるでしょう。
もちろん、地域の天気や日照時間によっても条件は異なり、完璧に予測することは難しいです。
しかし、太陽光発電が広く普及したことによって、太陽光パネルの設置会社のシミュレーションも正確なものになってきているので、収支の予測を立てることも容易になってきています。

太陽光投資の融資先

太陽光投資の融資先 太陽光発電のシステムは、とても高額な商品なので、融資を受けて購入を検討する方が多いです。
太陽光投資の融資先としては、公的融資や銀行融資、ソーラーローンの3種類あります。
日本政策金融公庫は、公的融資なので、比較的金利が安く担保がある場合の金利は、1.25%から1.85%程度です。
担保の有無や借入期間でも条件が変わりますが、金利が安いので、手続きが非常に複雑となり、融資を申し込むためには、事業計画書と返済計画書が必要になります。
融資を検討する際は、専門家に相談しましょう。
銀行融資は、公的融資より若干金利は高くなり、銀行ごとに融資条件が異なります。
そのため、確認が必要になりますが、公的融資よりも安い金利で融資を行っている銀行や売電額を担保にして融資を行なっているところもあるため、人気があります。
一方で、ノンバンクが行っているソーラーローンについては、金利が高いですが、審査の時間が短くて済むでしょう。
金利が高いとはいえ、ほとんどの取扱店で、金利が3%を下回っていて、中には、1%台の金利で融資してくれるところもあるので、条件を確認し、自分に合ったところを選びましょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.