太陽光投資における落雷の心配

太陽光投資での心配

太陽光投資での心配 太陽光投資を行うに当たり、ソーラーパネルを設置する諸費用だけではなく、メンテナンス料も見据えて設置を考えていかなければなりません。
単純に、ソーラーパネル自体の寿命で修理する場合もありますが、自然災害を受けて故障する恐れもあり、その一つに落雷が挙げられます。
落雷は、大まかに分けると2種類あります。
1つ目が直撃雷と言って、家屋や木、電気製品、人体など直接落ちる雷です。
直撃雷の特徴として、電圧と電流の両方とも大きく、数値は、電圧で数百ボルト、電流で数千から数万アンペアになるとも言われています。
2つ目が誘導雷で、付近に雷が落ちた時、電気エネルギーがアースケーブルや送電線を伝う事を言います。
送電線やアースケーブルを伝い、家の中に設置してあるパソコンや電化製品に既定を超えた電圧がかかると、破損に繋がる恐れがあるのです。
電化製品に、雷が発生した事により破損する場合のほとんどは、誘導雷によるものです。
ソーラーパネルとの関連性として、誘導雷による電化製品の破損は、ソーラーパネルを設置したからと言って、雷の落ちる可能性が増えるわけではありません。
しかし、誘導雷によって、影響が出ることがあるので、対策を考えておきましょう。

雷への対策

雷への対策 まず、落雷によって、付近の住宅やマンション等に停電が起きた場合、ブレーカーが落ちますが、同様に太陽光のブレーカーも落ちます。
その後、自宅やマンションで復旧が完了した場合、太陽光のブレーカーも復旧するかと言うと復旧されません。
雷だけではなく、天気が不安定な場合は、定期的に発電しているかどうかの確認も大切です。
ブレーカーが復旧しても、発電ができない場合でも早急な対応が必要です。
発電が開始されない原因は、パワコンの故障等が挙げられます。
その場合、モニターには、パワコンにエラーコードが表示され、各種メーカーの取扱説明書のエラーコードを確認しましょう。
現地に確認がすぐ行けない場合の対策として、遠隔監視システムがあります。
太陽光投資を行う上で、雷が落ちる確率はゼロではないのが現状ですが、遠隔監視システムで日頃から、発電量の確認等を行う事で、異常が発生した時に慌てずに早期発見にできるので、お勧めの対策の一つです。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.