太陽光投資の発電量について

太陽光投資で収入をアップさせるポイント

太陽光投資で収入をアップさせるポイント 遊休地を保有している人や、建物の屋上など未使用の広いスペースを持っている人は、太陽光投資を検討している人も少なくありません。
また、土地付きの太陽光発電の物件で投資を考えている人もいるのではないでしょうか。
太陽光投資を始めるにあたり、知っておきたいのが発電量についてです。
太陽光投資で収入をアップさせるポイントは、発電量にあります。
発電したすべての電力は、すべて固定価格で買い取ってくれるため、収入をアップさせるためにはいかに20年間、効率的に安定的に発電し続けるかどうかが最大のポイントとなるでしょう。

太陽光発電の発電量について

太陽光発電の発電量について 太陽光投資の収入は、発電量×固定単価×20年間という計算になります。
太陽光発電システムは、太陽の熱ではなく光で発電する再生可能エネルギーです。
そのため、温度の高いエリアであっても光の量が少ないと発電量は少なくなります。
また、気温が高いと発電パネル自体も熱くなり、発電効率かが落ちてしまうことがあります。
太陽光発電は、採用する発電システムによって発電量が大きく異なり、同じ会社のシステムを利用していてもシステムの容量や設置条件、日照量によって大きく異なるため、太陽光投資を検討している人は注意が必要です。
季節と発電量の関係については、日射量が多く、日照時間が長ければ発電量が多くなりますが、日射量が多い7、8月などの夏場よりも、3月から5月などの涼しい時期に発電量が多くなることがあります。
これは、夏場は発電パネルが熱くなり、発電量が減少してしまうためです。
気温が高すぎると、発電能力を十分に発揮することができません。
太陽光発電の発電量は、発電パネルの方向と角度がポイントです。
太陽を長く浴びていられる方向、その土地の緯度の合わせた角度に調節しましょう。
季節によっても異なるため、設置前に確認する必要があります。
また、発電パネルの一部だけに影があたると発電効率が落ちるため、影を与える障害物がないかどうかもポイントです。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.