太陽光投資の今後に欠かせない想定発電量とは

太陽光投資に対して日照量を知る理由

太陽光投資に対して日照量を知る理由 太陽光の投資を考えている方にとって気になるのは、実際の発電量ではないでしょうか。
想定発電量は、様々なデータに基づいて求められている数字です。
具体的には、各地で観測されている平均日射量と、太陽光のパネルの設置容量と、細かい太陽光の機械の調整数値を合わせて計算されています。
ここに使われている日射量は、NEDOという機関が国内837カ所で20年間の日射量のデータベースを持っており、それをもとに各地の想定発電量を計算しています。
太陽光の投資を考える際に非常に重要なポイントとなるのは、太陽光発電は日照時間、日照量に大きく左右されることではないでしょうか。
どんなに良いパネルを数多く設置しても、光が無ければ発電せず利益がでません。
NEDOの測定に基づく以上の日光の照射量があれば、想定以上の発電量が期待できることになり、そうでなくても、自分たちが太陽光パネルを設置しようとしている場所が太陽光発電に適しているのかを知る手立てになるでしょう。

太陽光投資において想定発電量を知ることは重要

太陽光投資において想定発電量を知ることは重要 利益を上げることが太陽光投資の目的ですが、太陽光に関して初期に投資した分を7年から10年で回収できるだけの発電量を知るために、1kwがいくらで売電されるのかを知ることが大切です。
太陽光発電のパネルの性能は上がり、耐用年数も20年と長期になっているため、国が定めた売電価格も下がってきており、2018年は1kw約28円という価格になっています。
家庭用の太陽光発電を設置する価格も下がってきており、130万円ほどと言われています。
130万円を7年で回収するには、1ヶ月に約15,500円以上、553kw以上の発電量が必要です。
太陽光発電は天気に左右されるため、確実に予定通りというわけにはいきませんが、投資は避けられるリスクをなるべく下げておくことが重要です。
投資が目的ではなく、環境問題を考慮し、太陽光投資を考えている人も、一度発電量を調べることで今後の目安になるでしょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.