太陽光投資における表面利回りと実質利回りについて

太陽光投資における収益や計算方法

太陽光投資における収益や計算方法 太陽光投資とは、太陽光で発電された電気を電力会社へ売ることで、収益を得られるように投資をするシステムのことです。
10Kw以上の発電設備がある場合、固定価格買取制度を利用することができ、20年間の電力の買い取りが約束されています。
10Kw以下の発電設備の場合は、余剰電力のみの買取となります。
投資の際には、投資した金額に対し、どれだけの収益があるかを年間で計算する必要があるのです。
具体的な計算として、1年間の利益額を投資額で割ってパーセントを出したものになります。
例えば、3千万円の発電量から2億5千万円の投資額を割ると12%ということになり、1年間の利益額を想定された利益額で計算した方法を、表面利回りと言います。

太陽光投資における実質利回りの説明

太陽光投資における実質利回りの説明 実質利回りは、日照量のデータだけではなく、太陽光ソーラーの汚れや故障などの清掃費、メンテナンス費、発電効率の低下など、今まで起こったトラブル、これから予想される費用なども計算に入れて算出するものです。
そのため、想定された計算とは開きが出てくることが多くあるでしょう。
しかし、太陽光投資は不動産や株、債券などの投資より高い利率が出ることが多く、また20年の買い取り保証があるため、その間は、保証があることになります。
20年間の実質利回りを計算しておくことで、太陽光投資の将来を見通しておくということにつながるので、とても重要です。
太陽光発電の導入に対し、様々な不安があるかもしれませんが、具体的な数字やデータが出てくることで、太陽光投資に対する不安が解消されるのではないでしょうか。
老後の収入源のため以外にも、地球温暖化防止への貢献にもなる太陽光発電を活用することで、未来への安心を手に入れることもできるでしょう。
また保証の20年間に、資産処分をすることもでき、子どもや孫への負債にならずに済むというメリットもあります。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.