太陽光投資を子ども名義にするメリットとは

子どもに財産を残せる投資方法がある

子どもに財産を残せる投資方法がある 子どもに財産を残すという考えから、太陽光投資を子どもの名義にする方たちがいます。
時には生まれたばかりの子どもや孫の名義にしている方もいます。
これは、子どもや孫の銀行口座にお金が入っていく定期預金のような感覚ではないでしょうか。
さらに、利回りが良ければ、投資した金額より多い額を名義にしている子どもの口座に入ることになります。
この額は、現在の定期預金の利率よりも高いことが多いでしょう。
また、20年の間に、資産償却をすることも可能で、政府が売電の保証をしている20年が過ぎる前に、処分すれば、負の財産として相続させずに済みます。
20年後に電力供給量や、電力会社の制度など、多くの事がこうなるであろうという予想の範疇でしかなく不明瞭なので、土地の問題、ソーラーパネルの問題、買取価格の問題と、子どもや孫が相続しても価値があるままであるかわからないからです。

太陽光投資で節税対策

太陽光投資で節税対策 子どもに財産を残すという事は、税金の問題を考えることも必要になります。
平成27年に相続税の基礎控除額が減ったため、相続する人が3人だった場合、3000万円に600万円を3人分で4800万円が基礎控除額となり、それ以上の資産の場合は、相続税がかかることになります。
そこで資産を少しずつ移動し、相続税の支払い額を減らす方法が太陽光投資の名義を子どもの名前にするメリットです。
一度に資産を移動すると、相続税ではなく、贈与税がかかるため、贈与税控除内の年間110万円までの額を子どもの名義の口座に入るようにします。
そして仮に1000万円を出資していた場合、1000万円が全て財産にはならず、減価償却が発生しているため、相続額は低くなるのです。
また、太陽光ファンドで太陽光への投資を決めた際、契約は親、受け取りは子ということができます。
これは親子の間で贈与契約をしておく必要がありますが、親が出資したが額を相続する形になるため、利益が出て子どもの口座に入った分は課税されません。
状況によっても変わるため、前もって税金について調べましょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.