太陽光投資は銀行から融資を受けられるのか

太陽光発電で銀行から融資を受けるのは難しい?

太陽光発電で銀行から融資を受けるのは難しい?
太陽光発電が再生可能エネルギーとして注目を集めていて、一般家庭でも導入している人もいるのではないでしょうか。
その中でも、太陽光発電を使った資産運用も近年注目を集めています。
太陽光投資をする場合、まとまった資金が必要になり、銀行から融資を受けようと考えることもあるでしょう。
太陽光投資のために銀行から融資を受けるのは、決して簡単なことではありません。
銀行が融資する際には、最悪の事態を想定しています。
そのため、太陽光投資に関して本当に利益が出るのか、確証が得られるまではお金を出すことができないと考えるのです。
銀行から融資を受けるためには、わからないことを明確にし、太陽光投資をすると利益が高い確率で生まれることを証明する必要があります。
利益がある不動産への融資を受けるために行うことと基本的には一緒です。

事業計画書が重要なポイント

事業計画書が重要なポイント
太陽光投資の銀行からの融資を引き出すために重要なのは、事業計画書です。
事業計画書では、どのような目的があって太陽光発電を行うのか、太陽光発電で社会的な貢献をどうできるのかなどを明確に記述しましょう。
明確に自身の言葉で書かれていないと、金融機関の担当者の印象が悪くなることがあります。
太陽光発電の事業を行うにあたって、全額融資を受けようと思っている人は少なく、ある程度自己資金を融資の資金として、充てるのではないでしょうか。
事業計画書の中には、自己資金の額を明確にして太陽光発電の事業をするのに足りない金額を明らかにします。
その他に、太陽光発電を行うにあたって、どの程度の経費が必要かも明記することです。
太陽光投資をすることで、どの程度の利益が見込まれるかについても重要です。
太陽光発電の場合、売電収入が収益になるので、売電収入が毎月いくらあって、設備のメンテナンスや維持費を差し引くと、どの程度の利益が見込まれるかを計算して提示しましょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.