太陽光投資をする暮らし

太陽光投資で売電利益が生まれる

太陽光投資で売電利益が生まれる
再生可能エネルギーとして、太陽光発電を活用した投資が注目を集めています。
現在、太陽光投資で発生した電力を固定価格で買い取る制度があるので、安定した収入を得ることができる投資と言われているのです。
固定価格買い取り制度では、10kW以上と10kW未満のシステム搭載によって、売電できる量と期間が異なります。
10kW以上の場合、1kWhあたり25.92円、20年間売却して利益を確保することが可能です。
10kW未満の場合、10年間しか売電による利益が上げられません。
太陽光投資をするのであれば、より多くの利益を確保するため、20kW以上のパワフル発電所を確保しましょう。
売電収入が、500万円以上になる可能性も期待できます。
太陽光投資でこれだけの金額を利益として確保できれば、暮らしの環境も変わってくるのではないでしょうか。

暮らしを豊かにする太陽光投資

暮らしを豊かにする太陽光投資
太陽光発電によって投資をしたいと考えると、広大な土地が必要となり、大規模の太陽光発電所を用意するのは個人では非常に難しく感じるのではないでしょうか。
全て自身で太陽光投資に向けて準備をすると、手間がかかってしまうでしょう。
その際には、土地付き太陽光発電の物件を利用すると、土地と太陽光発電システムが既に出来上がっているので、手軽に投資を始めることができるのです。
土地付き太陽光発電は、新たに土地を探す手間や整備する必要がないので、初めてでも安心して投資を始めることができます。
また、事故に備えた20年間の保険がついている物件もあるため、低リスクで太陽光投資を始めることができるのもメリットです。
太陽光投資は、安定した収入を得られるということで、老後の暮らしを支える投資としても注目を集めています。
年金の支給額は年々減少しており、年金だけで生活をすることは難しいと言われています。
安定した老後の暮らしを支える一つとして、太陽光投資を検討してみてはいかがでしょうか。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.