人気の太陽光投資の具体例

太陽光投資による費用の回収期間について

太陽光投資による費用の回収期間について
太陽光投資をするにあたって、初期費用などを負担する必要があります。
利回りの前に、投資費用をきちんと回収できるのか、回収できるまでどの程度の期間が必要か気になる人もいるのではないでしょうか。
太陽光投資の具体例を知り、検討しましょう。
50kWの発電能力を2000万円で太陽光投資をした具体例では、売電収入は20万円程、月々得ることができます。
売電収入から維持費や管理費などを差し引くのですが、グリーン投資減税などで節税することが可能です。
具体例での2000万円の投資費用を回収するためには、2000万÷20万の100ヶ月という計算になり、大体8年3ヶ月前後で投資費用をほぼ回収できる計算になります。

太陽光投資は高い利回りを確保できる?

太陽光投資は高い利回りを確保できる?
太陽光投資をする際には、投資費用を回収できることは前述の具体例で証明できました。
実際に太陽光投資をした場合、利回りがどうなるのかという点が気になるでしょう。
太陽光投資の具体例を知りましょう。
出力50kWの太陽光投資をした場合は、土地には255Wの出力の太陽電池モジュールを216枚使っています。
単純計算すると、この土地における発電出力は、55.08kWです。
売電収入は、この土地における年間発電量の予想は、5万8351kWです。
売電単価は、kWあたり29.16円になり、この具体例における太陽光投資で得ることができる利益は、170万1503円になります。
この具体例では発電能力の劣化により、売電収入は年間1.0%ずつ減っていく想定で計算されています。
固定価格で買い取りできるのは20年です。
この具体例でシミュレーションすると、土地の利回りは年間10%前後を確保するのは十分可能と言えるでしょう。
年間利回り10%という運用方法は、太陽光投資以外では難しいのではないでしょうか。
他の具体例として、自分の土地に太陽光発電を設置し、4年弱で初期投資分を回収できるというケースも紹介されています。
太陽光投資で高利回りを確保しましょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.