太陽光投資における季節の影響

太陽光投資に適している季節とは

太陽光投資に適している季節とは
太陽光投資は、太陽光発電による売電収入が利益源になります。
太陽光発電は太陽光を利用した再生可能エネルギーとなっており、注目を集めている投資の一つです。
太陽を利用した発電となるので、天気などの影響を受けやすくになっています。
発電量は、季節でみると秋と春から初夏にかけては、安定した運用ができるでしょう。
秋と春から初夏は日照期間が長く、十分な電力が期待できます。
真夏になると、太陽の日差しが強くなるので、さらに発電量が期待できるのではないかと思ってしまいますが、真夏になると、逆に電力量が下がってしまうことがあります。
メーカーや型式によって異なりますが、ソーラーパネルの表面はガラスで覆われており、内部の発電が行われるところはシリコンでできていることが多く、シリコンは温度が上がると機能が低下してしまうのです。
そのため、温度が高すぎる季節は、発電効率が下がってしまいます。
夏は、気温が上昇してしまうと、ソーラーパネルの温度は気温よりも、30度から40度高くなると言われているほどです。
真夏になると、ソーラーパネルの温度は70度になるとも言われており、発電効率は10%から20%低下すると言われています。
カタログにあるソーラーパネルの発電量の目安は、25度で統一して計算されています。
日本では四季があるので、1年中同じような発電量を保つことは難しいでしょう。

発電量に影響する季節について

発電量に影響する季節について
季節によって、日照時間や温度の関係で発電量は異なります。
夏は、ソーラーパネルの温度が高くなり、発電効率が下がってしまうと言われていますが、温度が低い季節であれば発電量が上がるのかと言うと、冬は発電量が低下することが多いです。
冬は、日照時間が短く、温度も低いのが原因です。
しかし土地によっては、冬に比較的安定した気候の地域もあります。
地域によっては季節で比較すると、真夏よりも冬のほうが発電量の高くなることもあるのです。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.