太陽光投資における地震のリスクとは

太陽光投資と地震による補償

太陽光発電で銀行から融資を受けるのは難しい?
太陽光投資は、再生可能エネルギーとして注目されている投資の一つで、20年間安定した収入を得ることができるということで人気があります。
しかし、太陽光投資にもリスクがあります。
太陽光投資におけるリスクを知った上で、太陽光投資を始めましょう。
太陽光投資のリスクとして挙げられるのは、日本にいる以上無視できない地震リスクについてです。
日本は、地震大国と言われるほど地震が多い国です。
地震リスクは、一般家屋であれば地震保険に加入すると、その保険による補償を受けられます。
太陽光発電では、地震が起きた場合、補償を受けられる損害保険というものがありません。
もし、太陽光発電所の設置されているところで、大きな地震が発生して、何らかの損害があっても保険で十分な補償を受けることはできないでしょう。
しかし、メーカーによっては、太陽光発電に災害補償がついているところもあります。
災害保険は、地震や台風、火災などの自然災害で製品が破損してしまった場合などに適用されるサービスです。
不安であれば、そういった補償のサービスがあるかどうか確認をしましょう。

太陽光投資における地震のリスク

太陽光投資における地震のリスク
太陽光投資では、地震リスクがありますが、損害に遭わないためにはどうしたらいいのでしょうか。
太陽光投資では損害保険というものがないため、発電所の用地選定に一定の条件を設けており、対策がされています。
東日本大震災に発生した津波が起きた際にも、安全な場所を選び、発電所を作っています。
また、ソーラーパネルは架台で支えているのですが、震度6強でも耐えられる設計になっているのです。
大きな地震が発生しても、発電所が壊れる心配は少ないでしょう。
2016年に熊本で大きな地震が立て続けに発生しましたが、熊本にも大規模の太陽光発電所が設置されていましたが、損害の報告はなく、稼働していると言われています。
杭基礎などの工事をしっかりと行っていれば、地震が発生しても大きなダメージを受ける可能性は低いでしょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.