太陽光投資におけるパネルの清掃について

太陽光投資でパネルの掃除は必要か

太陽光投資でパネルの掃除は必要か
太陽光投資はパネルで日光を受け、それを電力に変換し、電力を買い取ってもらい収入を得ます。
再生可能エネルギーとして環境に優しく、注目されている投資です。
投資している太陽光発電のパネルに汚れがついてしまい、日光を十分に受けられず、その結果発電量が低下してしまうのではないかと不安になることもあるのではないでしょうか。
太陽光パネルの清掃は、頻繁に必要ではありません。
例えば、太陽光パネルに砂埃などが付着したと仮定します。
砂埃の場合、雨が降ればたいてい洗い流されるので、砂埃が多少付着したとしても、すぐに清掃しないといけないというわけではありません。
しかし、どこに太陽光発電を設置するかによって、汚れの度合いも変わってきます。
高速道路や幹線道路のような交通量の多いところでは埃が舞いやすく、火山灰の降る地域も汚れがたまりやすいでしょう。
パネルに汚れが付着すると、年間1.0から2.2%程度の出力低下があると言われています。
砂埃であれば清掃をする必要がないですが、油分を含む汚れが付着した場合には、自然に雨水などで洗い流すことは難しいです。

自分で太陽光発電の清掃はできる?

自分で太陽光発電の清掃はできる?
太陽光発電のパネルに汚れがひどく付着すると、発電量がダウンに繋がります。
売電も滞るようになり、太陽光投資の運用も上手くいかなくなってしまうのではないでしょうか。
以前と比較して太陽光投資の収益が少なくなったのであれば、パネルが汚れていないかどうか確認が必要になります
自分で清掃するのであれば、ガラス用のワイパーや水切りを使って清掃しましょう。
その他には高圧洗浄機を使ったり、清掃ロボットを使ったりする方法もあります。
1枚や2枚であれば個人で清掃することもありますが、規模によっては個人で対処するのは難しいです。
専門の業者に依頼することも検討しましょう。
太陽光投資で安定した収益を出すためには、安定した発電量を確保することが大事です。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.