太陽光投資におけるドローンの活用とは

太陽光投資におけるドローンの必要性について

太陽光投資におけるドローンの必要性について
ドローンが、様々な場面で活用できるのではないかと注目が集まっています。
ドローンとは、遠隔操作できる小型無人航空機のことで、大きさや価格も物によって異なります。
日本に限らず、世界でもドローンを有効活用しようと、農業や災害救助、撮影など様々なことに活用されているのです。
その中で、太陽光投資でもドローンを活用されています。
太陽光発電所の保守管理をするにあたってドローンを活用するのです。
赤外線カメラを装着したドローンを太陽光発電の上に飛ばし、ホットスポットなどを検知する目的で使われます。
例えば、太陽光パネルが温度変動などで異常をきたす恐れがあります。
目視できない変化もドローンであれば、いち早く異変に気付き、早めに対策することができるでしょう。
従来の太陽光発電の点検は、地上から赤外線のチェックをするのが一般的でした。
この方法と比較すると、調査時間を短縮することができ、人件費の節約にも繋がるので、コストカットできます。

ドローンを使った点検のリスクとは

ドローンを使った点検のリスクとは
ドローンを使って太陽光発電の点検をすることで効率性や、コストカットも期待できますが、その一方でドローンを使うことによるリスクも懸念されています。
その中でも、ドローンが墜落してしまうかもしれない点です。
もし墜落したところがパネルの上であれば、パネルが損傷を受ける危険性が出てきます。
その修繕のためのコストを負担しなければならず、逆に収益の効率性がダウンしてしまうこともありえるでしょう。
また、通行人の上に墜落してしまうと、怪我の危険性もあるため注意する必要があります。
このような事故が点検中に起きてしまうと、太陽光投資で十分な利益を出せない恐れがあるので、リスクを知ることが大切です。
しかし、ドローンを活用することで、今までかかっていた費用や時間を減らすことができるというメリットもあるため、国内でもビジネス化している企業もあります。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.