太陽光投資にあたり悪質な業者を避けるためには

太陽光投資は悪質な業者に注意

太陽光投資は悪質な業者に注意
太陽光投資は、最近注目を集めている投資先になっていますが、その一方で悪質な業者もいます。
このような業者に投資してしまうと、せっかくの投資資金が全く返ってこないということもあり、注意が必要です。
太陽光投資の悪質業者を見極めるポイントがあるので、検討している業者がある場合には、契約の前に確認すると良いでしょう。
まず、太陽光投資自体が架空で完璧な詐欺である場合です。
このような悪質な詐欺に引っかからないようにするためには、相手の素性をきちんと確認します。
多くの詐欺業者は名刺を出さないことが多いので、会社の所在地が不透明など、実態がつかめないような業者と契約するのはやめましょう。
また、契約が悪質で不当に高い工事費を請求してくる悪質業者もいます。
このような悪徳業者を避けるためには、複数の業者に依頼して、比較することです。
太陽光投資をする場合には、見積もりを3~5社に出してもらい、希望する条件で契約できる業者とするようにしましょう。

信販会社の有無を確認しよう

信販会社の有無を確認しよう
太陽光投資を始める際には、どのような業者と契約するかが重要です。
中には、悪徳業者と呼ばれる悪質な業者も存在しているので、騙されないために、確認しておくことがあります。
業者を選ぶ際には、提携している信販会社があるかを確認しましょう。
太陽光投資の初期費用には、数百万円もの大金が必要となることが多く、資金を調達するために、ローンを組んで資金を捻出する人が多いので、業者は提携している信販会社があります。
信販会社が業者と提携する場合には、業績や信用実績など、安心して融資できるかどうか審査をします。
もし詐欺業者のような悪質な業者であれば、審査が通らないので、信販会社と提携している業者は、実体のある信用できる業者と言えるでしょう。
太陽光投資をする際に、悪質な業者かを見極めるには、信販会社と提携している業者か
を確認して、契約するようにしましょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.