太陽光投資における雑草対策の重要性

太陽光投資において雑草対策は必須

太陽光投資において雑草対策は必須
太陽光投資は太陽光発電で売電し不労収入を得る手法です。
いかに太陽光をたくさん浴びて効率よく電力に変えられるかがポイントになります。
ここで重要なのが、雑草対策をどうするかです。

もし太陽光パネルの周りで雑草が伸びてしまうと、影ができ太陽光をパネルにうまく当てられなくなります。
そうなれば発電効率もダウンしてしまって、思っているような太陽光投資の運用実績が出なくなります。
また雑草に鳥や虫が群がることで、パネルが汚れやすくなります。
これも発電効率のダウンを招き、思っているような太陽光投資の恩恵が受けられなってしまう場合もあります。

さらにつる系の雑草が伸びてしまうと、ソーラーパネルの配線に絡みつく恐れもあります。
そのほかにも雑草が生えて影のできることで発電できないところに電気抵抗が生まれ負荷がかかり、モジュールの故障の原因となる可能性もあります。
故障の修理にコストがかかります。
場合によっては大掛かりな修理作業が必要になってその分コストも大きくなりかねません。
このように発電効率は下がる、最悪太陽光パネルが故障するなど、太陽光投資に大きな支障をきたすことも考えられます。

雑草対策をどう行う?

雑草対策をどう行う?
太陽光投資で効率的に収益を得るためには、雑草対策が何よりも重要です。
まず周辺の舗装をしっかり行って、草木の生えにくい環境を作りましょう。
舗装をするのが難しいというのであれば、砂利をまくだけでも結構な効果が期待できます。
そのほかには市販の防草シートを太陽光パネルの周辺に敷くことで対処する手法も考えられます。

しかしこれだけの方法を用いても完ぺきに雑草をシャットアウトするのは難しいでしょう。
そこでこまめに草刈りを心掛けることが大事です。
自分でやればコストもかかりません。
自分で毎回草刈りを行うのはスケジュール上難しければ、コストのかからない草食動物に食べさせて対策する方法も考えられます。
太陽光投資は、多少コストがかかっても管理をしっかり行うことも大事です。
先ほど紹介したように発電効率が低下しますし、場合によっては近隣住民に迷惑をかける可能性も出てくるからです。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.