太陽光投資における動物被害と対策

太陽光投資で注意したい動物対策

太陽光投資で注意したい動物対策
太陽光投資は発電パネルなどを設置する必要があります。
都市部では十分なスペースを確保できないので、どうしても地方が中心となります。
地方に太陽光発電を設置するとなると、結構周辺に野生動物が多く生息していることもしばしばです。
この動物によって被害がもたらされ、太陽光投資に悪影響を招くことがあります。

例えば動物が太陽光パネルやその土台に突進してくる被害があります。
その結果、パネルが損傷を受ける、土台が崩れてきちんとパネルが太陽光を受けられなくなるなどの被害が発生しえます。
また野生動物の中には、パネルに設置されている配線をかじってしまうケースもあります。
すると電力生産ができなくなって、太陽光投資の運用実績の低下を招きかねません。
鳥がぶつかってパネルを壊す、糞で発電効率が悪くなる被害も考えられます。

太陽光投資の被害対策として何が有効?

太陽光投資の被害対策として何が有効?
太陽光投資にはうえで紹介したように動物リスクはどうしても介在します。
その対策として有効なのは、フェンスを設置することです。
フェンスを設置することで、動物の内部への侵入を防げます。
また動物だけでなく、近所の子供たちがうかつに近づけないようにもできます。

ちなみにこのフェンス設置による対策は、法律でも定められていることです。
50kW以上の太陽光発電施設には、塀や柵の設置をするように電気設備技術基準でも明記されています。
太陽光発電所にもしものことがあった時を考えて、火災保険に加入しようと思っている人もいるでしょう。
火災保険には盗難保険もオプションで付けることも可能です。
このオプションを付帯させるにあたって、フェンスの設置を条件として規定している保険会社もあります。
もし盗難保険をつけたいと思っているのであれば、フェンスを設置しておいたほうがいいでしょう。
ちなみに鳥対策としては、市販の鳥よけセットでも十分な効果が期待できるといいます。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.