太陽光投資は田舎の方が良い理由

田舎のほうが土地も広く日当たりもいい

田舎のほうが土地も広く日当たりもいい
土地活用としてマンション経営などが考えられます。
通常であれば都市部のほうが人も多く運用益が出やすいです。
田舎の場合、資産運用の部分では不利になりがちです。
しかし太陽光投資であれば、田舎でも利益が出しやすいということで注目を集めています。
太陽光投資で運用する場合、野立てでされることが多いです。
野立てとは更地のことで、そこにソーラーパネルを設置する必要があります。
田舎の場合、広大な敷地がそのまま残っているところが多いため、大規模に野立てのソーラーパネルを設置できます。
しかも野立てでは、日当たりのよさがメリットです。
ソーラーパネルは日当たりが良くないと発電効率も悪くなります。
都市部の場合、ビルなどの建物によって影ができてしまって日当たりが悪いです。
田舎の野立てであれば、そのような遮る建物が少ないので日当たりが良くおすすめです。

遊休地に太陽光パネルを設置できる

遊休地に太陽光パネルを設置できる
相続した土地を土地活用するつもりの方も多いため、売ろうと思ってもなかなか買い手がつかない恐れもあります。
もし遊休地になっていて、どうやって土地活用すればいいかわからない場合、太陽光投資で資産運用してみるといいでしょう。
遊休地のままで放置していると固定資産税がかかるだけになりかねません。
田舎の場合、マンションや駐車場経営をしようとしてもなかなか利用者が集まらない可能性もあります。
太陽光投資であれば、人があまりいない田舎でも利益を上げられます。
太陽光投資で土地活用するにあたって、心配なのは初期コストです。
確かにソーラーパネルを野立てで設置するので、それなりの費用が必要です。
ただし太陽光投資の設置技術の進化によってそういったコストも減少傾向にあります。
また、地方自治体によっては、補助金や助成金の出るところも見られます。
ソーラーパネルのシステムも年々向上しています。
その結果、発電効率もアップしています。
そのため遊休地の土地活用することで、思わぬ大きな利益をもたらす可能性があります。
土地が余って使い道に困っているのであれば、発電も検討してみる価値があります。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.