太陽光投資における天気の影響について

天気によって影響を受ける太陽光発電

天気によって影響を受ける太陽光発電
太陽光発電は文字通り、太陽の光をソーラーパネルで受け止めることによって発電するシステムです。
そのため、天気によって発電できる量も変わってきて太陽光投資の運用結果も違ってきます。
晴れの時はいいですが、曇りや雨といった天気が崩れていると日光が少なくなります。
天気が悪くても全く発電できないわけではないですが、晴れの時と比較するとどうしても低下します。
地域やどこにソーラーパネルを設置するかによって多少違いがあるもののだいたい目安としては晴れた日と比較して、曇りの日で10~50%・雨の日で5~20%程度の発電量しか確保できません。
もちろん日光の一切出ていない夜間は、太陽光発電はできません。
太陽光投資をするにあたって、だいたいどの程度の発電量を確保できるのか気になるでしょう。
地域や天気、どこに設置するのかでもちろん変わってきますが、相場といわれているのは設置容量の70~80%程度といわれています。
例えば太陽光投資をするにあたって、4kWの太陽光発電のソーラーパネルを設置したと仮定します。
この場合、発生する発電量は3kW前後がだいたいの目安になるでしょう。

周りに建物があるかどうかも重要なポイント

周りに建物があるかどうかも重要なポイント
太陽光投資でパネルを設置するにあたって、日光をパネルに当てる必要があります。
この時、パネルにあたる光は大きく2種類に分類できます。
太陽から直接届く光の直達光と、大気や雲などでエネルギーの弱まった日光である散乱光です。
直達光と散乱光に発電量の違いはあるのでしょうか。
直達光のほうが光も強く発電量も多くなるようなイメージを持つ人も多いかもしれません。
しかし実際のところは、年間の発電量で比較すると直達光と散乱光はほとんど同じような割合になります。
この理由は直達光が、パネルの向きなどに左右されることに対して、散乱光は、そういったものに左右されないからです。
また、太陽光投資における太陽光は、直達光と散乱光の二つを合わせて考えているため、どちらも変わらないように計算されているのです。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.