太陽光投資は台風に耐えられるのか

設置方法や設置場所は災害に対処した設計の太陽光発電

設置方法や設置場所は災害に対処した設計の太陽光発電
太陽光発電システムは屋外が設置場所です。
台風がやってきた場合、吹き飛ばされたりダメージを受けたりするのではないかと不安に感じる人もいるでしょう。
太陽光投資でお金を出したにもかかわらず、台風でソーラーパネルが使えなくなったでは話になりません。
結論から言うと太陽光発電が台風で深刻なダメージを受ける心配はないでしょう。
現在日本で提供されている太陽光発電システムは、JIS規格・IEC規格に基づいて設計されています。
この基準の下で太陽光発電システムは、風速60メートルの強風にも耐えられる設計になっています。
どんなに勢力の強い台風でも、風速50メートルを超えることはないでしょう。
設計上および設置方法や設置場所を鑑みて、台風によって太陽光発電システムが致命的な損害を受けることはないわけです。

メーカーが設置方法を厳格に規定するから太陽光投資家も安心

メーカーが設置方法を厳格に規定するから太陽光投資家も安心
太陽光パネルの設置業者はメーカーと提携して、設置作業を行っています。
太陽光発電を設置するにあたって、メーカーでは設置方法について厳しく規定しています。
設置方法のほかにも設置場所についても指定して行っていますので、手抜き工事などによる事故も起こらないでしょう。
もし台風が発生して、パネルが空を舞うとなるとそれがどこに落ちるかによって建物の損害や人的被害も出かねないからです。
それでも台風が来た場合にパネルがダメになってしまう可能性はゼロではないだろうと考えている太陽光投資家もいるでしょう。
たとえば、設置場所が悪く、設計ミスが起きた場合です。
しかし自然災害によって太陽光パネルが深刻なダメージを受けたとしても、補償が受けられます。
どのメーカーでも、10年以上の太陽光発電の補償をつけています。
10年以内に台風でパネルが損傷したとしても、補償してくれるので太陽光投資で実質大きな損失を被ることはありません。
もし太陽光投資をしたいけれども台風などの影響が心配というのであれば、そこまで懸念する必要はないと思っておくべきです。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.