太陽光投資におけるPID現象について

原因不明のリスク・PID現象

原因不明のリスク・PID現象
太陽光投資も他の投資同様、リスクはあります。
その中でも太陽光投資のリスクで欠かせない要因として、PID現象があります。
PID現象は特に大規模に太陽光発電を展開するときにおこりやすい現象です。
PID現象が起きると発電量が極端に低下する状態で、太陽光投資の運用実績にも大きな影響をもたらします。
太陽電池モジュール内の太陽電池セルやフレームの間で電位差や電圧差が大きくできます。
この状態で温度・湿度の条件によって、電流が電極に流れなくなります。
それがセル内に漏れると発電量が激減してしまうことがあります。
特に高温多湿の劣悪な条件が重なった場合に、PID現象が起こりやすくなります。
本来流れることはないはずのガラス部分や金属枠、フレームなどを電流が通ってしまって発電効率が落ちてしまうのです。
PID現象の起こるメカニズム・原因について詳しいことはわかっていません。
しかし、太陽光発電の先進国であるヨーロッパの事例を見てみると、1000kW以上のメガソーラーがほとんどです。

PID現象に関する太陽光投資のリスク対策は?

PID現象に関する太陽光投資のリスク対策は?
太陽光投資をするにあたって、リスクマネジメントを行い、損失を最小限に抑制する必要があります。
太陽光パネルのメーカーでも、PID現象の存在は認知されています。
そして原因不明でもPID現象による発電効率の低下が起こらないようにするために、絶縁性の高い物や湿気を通しにくい素材をパネルに使うなどの対策をしています。
日本は高温多湿な国であるためPID現象が起こりやすいといえます。
出力低下分は、約10%くらいだと考えると、PID現象が起こるとしても、対策として高温多湿を避けるために、必要以上のコストをかけるのは無意味になります。
PID現象はメガソーラーにおける事例がほとんどを占めているため、発電量が1000kW未満であれば対策は不要であるでしょう。
もし太陽光投資でPID現象のリスクを最小限にしたければ、設置業者などにどのような対策を講じているか聞き、納得できる原因説明と対策があるかどうかで判断してみるといいでしょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.