太陽光投資における支出とは

固定資産税のコストは忘れないこと

固定資産税のコストは忘れないこと
太陽光投資といわれると、売電による収入にどうしても目が行ってしまいがちです。
しかし太陽光投資をする場合、収入だけでなく支出のあることも忘れないようにしましょう。
支出をもとに勘案し、収支がとれるかどうか十分想定して、太陽光投資に乗り出すかどうかの判断をすべきです。
太陽光投資をする場合の支出ですが、だれでも絶対に発生するのが固定資産税の問題です。
固定資産税というと住宅など不動産を所有している人にかかる税金で、所有している土地にソーラーパネルを設置する以上毎年徴収されます。
借地にソーラーパネルを設置する方法もありますが、この場合には地代や固定資産税が支出として避けられません。
固定資産税は毎年課税されますので、どの程度税金で持っていかれるかは事前にシミュレーションしたほうがいいでしょう。

メンテナンスの費用も意識する

メンテナンスの費用も意識する
太陽光投資をする際、メンテナンスコストも前もってどの程度かかるかシミュレーションしておいたほうがいいでしょう。
パネルの汚れであったり野立ての場合、雑草が生え、コードなどに絡まったりと発電効率が低下する恐れがあります。
それが原因で運用益が太陽光投資を始めた際に想定していた金額に到達できない恐れがあります。
このようなメンテナンスは1年に2~3回くらいのペースで行うことです。
自分でメンテナンスをする方法もありますし、本業が忙しく自分で行うことができなければ、専門の業者に委託することです。
特にソーラーパネルを設置してすぐに、火災などによってダメージを受けると太陽光投資の運用としてはかなり大きなマイナスでしょう。
そこで必要に応じて、保険に加入することも検討すべきです。
火災保険や動産総合保険、施設賠償責任保険などが考えられますので、どの程度の補償範囲を希望するか明確にしておきましょう。
太陽光発電を維持するためには、メンテナンスや保険など様々なコストを負担しなければなりません。
支出をカバーできるだけの十分な収益が見込めるか、今一度確認することです。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.